excitemusic

警備員の平凡日記(記録用)
by rpv9om4r93
ICELANDia
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


大麻所持容疑で教頭逮捕 49歳エリート教頭なぜ(産経新聞)

 ■几帳面な一面…ストレスに?

 大麻取締法違反(所持)容疑で、大阪府立福井高校教頭、小島靖司容疑者(49)が逮捕された事件。薬物汚染が学校管理職にも及んでいた衝撃の事実に、関係者から一斉に驚きの声が上がった。府教委や元同僚らによると、小島容疑者は熱心な勤務態度で知られ、昇進の早いエリートコースを歩む一方、几帳面(きちょうめん)な一面も持っていたという。

 府教委によると、小島容疑者は大阪市大卒。昭和59年4月に採用され、島本高校(島本町)や茨木高校(茨木市)、住之江高校(大阪市住之江区)で社会科教師を務めた。

 平成14年9月からは府教委児童生徒課に勤務し、小中高生の進路指導を担当。17年4月に高等学校課教育振興グループに配置された際は、学校運営のサポートなどを担当した。福井高校には19年4月から教頭として赴任。当時46歳で、関係者によると、府教委でも早い昇進で「エリートコース」だったという。

 府教委幹部の一人は「まじめで、悪い評判は聞いたことがない。学校訪問なども熱心にやっていた」と驚いた様子。別の幹部も「教育委員会にとってただ事ではない出来事。指導する立場の人間が大麻を使っていたなんて」とうなだれた。

 一方、一緒に働いたことがあるという元同僚は逮捕の一報に「要領をかますというか、口がうまいタイプ。上昇志向が強く、偉くなりたいという思いが強いという印象をもっていたが…」と言葉を詰まらせた。

 今年2月に小島容疑者と会ったという府内の高校教師は「彼は細かいことを気にする几帳面な人という印象があった。それがかえってストレスになっていたのでは」と話した。

 ◆橋下知事「残念」

 逮捕を聞いた橋下徹知事はショックを受けた様子で「非常に残念。1人の軽率な行為で府教委全体の信頼を揺るがすことになった。申し訳ない」と神妙な面持ちで謝罪した。

 

フィルム紛失3千万円賠償、財団法人が写真家に(読売新聞)
文楽列車 奈良へ 平城遷都記念(毎日新聞)
<架空増資>トランスデジタル元副社長ら追起訴(毎日新聞)
スーツケース遺体事件で男出頭=関与ほのめかす−石川県警(時事通信)
京浜東北線に男が立ち入り逃走(産経新聞)
[PR]
# by rpv9om4r93 | 2010-04-05 11:57

<鳩山首相>普天間問題 県外移設に向け全力挙げる考え示す(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は26日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、3月中に政府案の一本化を目指す意向を表明したうえで、「沖縄の皆様方の過重な負担を考え、極力県外に移設する道筋を考えたい」と述べ、県外移設の実現に向け全力を挙げる考えを示した。すでに表面化している県内移設に対する地元沖縄県や連立相手の社民党の反発は激しく、決着期限とする「5月末」までの決着の道筋は描けていない。

 政府は26日、米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)と米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合の県内2案に加え、普天間基地機能を徳之島(鹿児島県)などの県外に分散移転する案を沖縄県と米側に伝えた。

 しかし、月内一本化の調整は難航必至だ。北沢俊美防衛相は沖縄県庁で仲井真弘多知事と会談したが、説明したのは防衛省が推すシュワブ陸上案だけ。政府内ではまずシュワブ陸上部に移し、将来、ホワイトビーチ沖合に移設する2段階案もあるが、県幹部は「行き先が県内に二つとは正気のさたじゃない」と警戒感を示す。

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相も同日の閣僚懇談会で、ホワイトビーチ沖合案について「党としては、できない計画だ」と明言。記者会見で「時間もかかるし、環境破壊だ」と猛然と反発した。

 一方、岡田克也外相はルース駐日米大使に検討状況を説明。その後の記者会見で、29日にゲーツ国防長官、クリントン国務長官と会談することを明らかにした。ルース氏は25日、長島昭久防衛政務官と会談した際、「現行案がベストだ」とけん制。外務省幹部は一本化作業は「大変難しい作業になる」と漏らした。首相は記者会見で県外移設ができなかった場合の責任について「極力そうならないように全力を尽くす」とかわしただけだった。【上野央絵】

【関連ニュース】
鳩山首相:「郵政」閣僚懇での協議を指示
鳩山首相:水俣病犠牲者の慰霊式出席「前向きに検討」
参院選:首相議長に初の政権公約会議開催へ 政府・民主党
亀井担当相:郵政改革案「首相が了承したから発表した」
郵政改革:鳩山首相「なお議論必要」、修正の可能性示唆

「離婚する確率」30% 40年前の4・5倍に 厚労省統計(産経新聞)
指定弁護士3人を選任 JR福知山線脱線事故で神戸地裁(産経新聞)
批判に小沢氏イラッ 閣僚へ矛先 「国務に専念していればいい」(産経新聞)
政権担当能力が欠如と自民総裁=郵政改革、公明代表も批判(時事通信)
コウノトリのヒナ、今年初めて孵化 兵庫・豊岡(産経新聞)
[PR]
# by rpv9om4r93 | 2010-03-31 17:04

中井氏「女性とは6年のつきあい」「清掃依頼しカードキー、何か問題あるか」(産経新聞)

 中井洽(ひろし)国家公安委員長は25日、同日発売の「週刊新潮」で、家族や事務所関係者ではない女性に、居住する議員宿舎のカードキーを常に貸与している可能性があり、女性が1人で自由に宿舎に出入りしている−などと伝えられたことについて、報道された女性にカードキーを渡していることを認めた上で、「カードキー(の管理)については、規則などはない。何か問題があるならばはっきりと言ってもらいたい」と述べた。

 中井氏は同日午前、首相官邸で平野官房長から事実関係について確認を求められたことを明らかにし、平野長官から「(報道されることについて)十分に気をつけてもらいたい」と指示されたとしたうえで、「(進退については)全く考えていない。引き続き職務に精励したい」と話し、今回の報道が進退問題に発展することはないとの認識を示した。

 中井氏は「30歳代前半のホステス」と報じられた女性について、「6年ほどのつきあい」と説明。

 別の宿舎に住んでいたころ、別の女性に室内の清掃をしてもらっていたが、赤坂宿舎に転居後、その女性の都合がつかなくなったため、報じられた女性に1週間に1回、室内の清掃を依頼、カードキーを渡したという。

【関連記事】
中井氏、女性問題を官房長官に釈明 閣僚辞任は否定
「調査しろ」 鳩山民主、政治とカネの次は女性スキャンダル
「法的な問題はない」中井国家公安委員長、女性スキャンダル撮られる
鳩山首相、中井氏スキャンダル「うすうす聞いていた」
皮肉?中井国家公安委員長、北教組の資金提供「うらやましい」

細菌性髄膜炎のワクチンの定期接種化などで要望書(医療介護CBニュース)
<小沢幹事長>「民主党は政権党の認識がまだ甘い」(毎日新聞)
自転車の共同利用 富山市で開始
参院選「民主単独過半数は期待せず」(産経新聞)
今度は機密費巡って閣内不一致 鳩山内閣に「調整機能ナシ」(J-CASTニュース)
[PR]
# by rpv9om4r93 | 2010-03-29 16:00

医薬品の安全対策「医療機関が責任を持って対応を」(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月25日、「医薬品・医療機器等対策部会」(部会長=外須美夫・九大大学院医学研究院教授)の第18回会合を開き、医薬品・医療機器の「ヒヤリ・ハット事例」などの収集結果を基に、安全対策について意見を交わした。委員からは、薬剤間違いが頻繁に報告されている事例について、別の薬を採用して事故を防ぐなど、各医療機関が責任を持って対応する必要性が指摘された。

 この日の会合では、日本医療機能評価機構が昨年6、9月に公表した「ヒヤリ・ハット事例」などについて、医薬品医療機器総合機構が安全管理対策に関して調査・検討した結果をまとめた資料が提出され、それに基づいて議論した。

 資料では、医薬品関連の201事例と医療機器関連の91事例を、▽安全使用に関して製造販売業者等による対策が必要または可能と考えられた事例▽製造販売業者等により既に対策が取られているか対策を既に検討中の事例▽ヒューマンエラーやヒューマンファクターに起因すると考えられた事例▽情報不足などのため製造販売業者による対策が困難と考えられた事例―に4分類した。医薬品では、それぞれ3件(1.5%)、5件(2.5%)、157件(78.1%)、36件(17.9%)だった。

 「製造販売業者等による対策が必要または可能と考えられた事例」の3件はすべて、厚労省が2003年から名称が似ているとして注意喚起を行っていた、高血圧症・狭心症治療薬ノルバスクと乳がん治療薬ノルバデックスの薬剤間違いだった。

 これについて土屋文人委員(東京医科歯科大歯学部附属病院薬剤部長)は、「例えばノルバスクは併売品も後発品もある。これだけ事故が続き、注意喚起が出されていながら、採用する薬剤を変えずに事故が起きた場合は、その医療機関の薬事委員会が責任を問われる可能性もある」などと指摘し、医療機関側の適切な対応の必要性を強調した。
 北澤京子委員(日経BP社日経メディカル編集委員)は、3件のうち1件が高血圧症の男性患者への乳がん治療薬の誤処方であったことについて、「薬剤師が患者に説明していれば防げたかもしれない」などとして、「患者も医療ミスの防止に関与できる余地があるのでは」と述べた。
 これに対し厚労省側は、患者への情報提供について、「厳しい義務を負わせるようなことは避けたいが、患者の協力により防ぎ得る事故もあるため、対応を考えていきたい」と述べた。


【関連記事】
医療事故報告、過去最多のペース
薬局のヒヤリ・ハット事例で初の集計報告
取り違え防止のために医薬品名称変更を
「医療事故」「ヒヤリ・ハット」とも増加
病院機能評価の医療への影響で初の調査結果

NYT社がシンガポール首相らに謝罪 合意違反の記事掲載で1千万円支払い(産経新聞)
ヒトへ侵入優先か、抗体防御か=新型インフルと季節性の違い解明−米チーム(時事通信)
<街頭募金詐欺>被害特定できなくても罪成立 最高裁(毎日新聞)
<戸田市長選>神保国男氏が4選(毎日新聞)
ヒゲでマイナス考課は人権侵害、郵政職員が勝訴(読売新聞)
[PR]
# by rpv9om4r93 | 2010-03-27 06:35

「性教育の一環」と親から承諾書=女児暴行容疑の米国人男−福岡県警(時事通信)

 福岡県内で英会話教室を経営する米国人男(69)が教え子の女児に性的暴行を加えたとされる事件で、男が「性教育の一環で体に触ることもある」と書かれた承諾書を事前に親から得た上で、研修名目で女児を自宅に連れ込みわいせつ行為をしていたことが19日、県警少年課への取材で分かった。同課によると、男は容疑を認める一方で、「悪いことと思ってない。将来の性生活がうまくいくためだ」などと供述しているという。
 一方、近所の住民から2006年9月ごろ、「男が中高生の女の子を車で連れてきている」との相談があったが、早良署が本人から事情を聴かないまま、事件ではないと判断していたことも分かった。同課は「当時の判断としては適切だった」としている。
 男は1〜3月、児童福祉法違反(淫行=いんこう=)や児童売春・ポルノ禁止法(製造)違反などの容疑で3回逮捕(1件は処分保留)された。同課によると、被害に遭った女児は当時9〜11歳で、男に口止めされていた。自宅などににわいせつ行為を撮影した600本以上のビデオや写真があったが、インターネット上の掲載や売買は確認されていないという。 

【関連ニュース】
「ヘッドホンの女性狙った」=わいせつ容疑で男追送検
元Jリーガーを不起訴=少女わいせつ「事実なし」
女子中生に売春させる=容疑で「援デリ」業者逮捕
女児ら数十人に性的暴行か=英会話教室経営の米国人逮捕
31歳巡査部長を逮捕=女子高生に強制わいせつ容疑

裁判長交代申し立て、「実刑を誘導」と主張(読売新聞)
<大洋薬品工業>配合量誤り業務停止へ 岐阜県が方針固める(毎日新聞)
自民・谷垣総裁 続く苦境 「体制強化」表明…出身派閥からも批判(産経新聞)
原発賛成2氏人事案に署名?棄権?揺れる社民(読売新聞)
「自殺手助け」「殺人請負」…サイト摘発に難しさ(読売新聞)
[PR]
# by rpv9om4r93 | 2010-03-25 18:19