excitemusic

警備員の平凡日記(記録用)
by rpv9om4r93
ICELANDia
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

手動式除細動器の一部製品を自主改修(医療介護CBニュース)

 東京都はこのほど、医療機器製造販売業者のフィリップスエレクトロニクスジャパン(港区)から、手動式除細動器(半自動除細動器)「ハートスタート MRx」30台を自主改修するとの報告を受けたことを明らかにした。

 報告によると、同社が輸入し、販売している手動式除細動器の一部製品について、ソフトウエアが正しくインストールされず、不具合の起こる可能性があることが判明したため、自主改修することを決めた。既に出荷した製品が不具合を起こした報告は国内外ともないとしている。

 起こり得る不具合としては、▽AED モードでは心電図解析が完了せず、除細動ができなくなる恐れ▽手動モードでは、パドルからの心電図波形を選択した場合、心電図波形が基線となって表示されず、パドルと患者の接触状態が十分でない場合においても、パドルコンタクトインジケータ(PCI)が常に良好な状態を示す緑のランプが点灯してしまう恐れ▽モニタモードでは、一次心電図誘導波形を除く他の心電図誘導波形が点線になって使用できなくなる恐れ―を挙げている。
 薬事法の規定に基づき、4月19日付で同社が都に報告した。

 改修対象は昨年11月から今年1月までの出荷分の計30台。同社は、対象製品を納入した医療機関、消防施設はすべて把握しており、それらに連絡の上、対象製品にソフトウエアの再インストールを行うとしている。


【関連記事】
「除細動器用の使い捨て電極パドル」を自主回収
AED、405台を自主回収
ニプロ、「フーバー針」を自主回収
消防機関からAED不具合の疑い事例報告328件
「アリムタ注射用500mg」などの新効能が出来高に―中医協 

自殺未遂で入院、高額な医療費… 長男刺殺の母(産経新聞)
<自立支援法訴訟>障害者らと国、和解成立 東京地裁で(毎日新聞)
「『両さん』像折った」男が出頭=器物損壊容疑で書類送検へ−警視庁(時事通信)
横浜の旧富岡倉庫地区から基準超の鉛 昨年に米軍返還(産経新聞)
裁判長「和解が望ましい」B型肝炎訴訟、大阪でも方針提示(産経新聞)
[PR]
by rpv9om4r93 | 2010-04-26 14:44

京急線生麦駅の変電施設から煙、1600人が線路上を歩き避難(産経新聞)

 17日午後2時20分ごろ、横浜市鶴見区の京浜急行生麦駅に隣接する同社変電施設の信号用変圧器から煙が出ているのを作業員が見つけ、119番通報した。消防隊員が放水し午後3時15分ごろ、煙はおさまったが、信号などに送電できなくなった。このため、京急線は横浜−京急川崎間で午後2時55分ごろから運転を見合わせ、約3時間後の午後5時55分ごろ再開した。

 この影響で、駅間に停車した電車3本の乗客約1600人が線路上を歩いて最寄り駅まで避難するなどした。けが人はなかった。

 京急によると、変電施設で焼けたのは変圧器だけで、ほかに被害はなかった。京急と鶴見署が出火原因を調べている。

【関連記事】
相模鉄道の車掌が2年半キセル 磁気定期を不正操作
京急で龍馬めぐり、旅行冊子を発行
「2」が5つ並ぶ日に記念入場券 京急電鉄
苦しいときの神頼み 受験、就職…“験担ぎ”事情
2時間半閉じ込め、あふれる乗客「疲れた、もう帰る」 JR横須賀線車両故障

<タケノコ>収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
<環境省>雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明(毎日新聞)
普天間問題 米政府、長期化覚悟で継続使用へ(産経新聞)
町長が長屋王に変身=奈良県平群町〔地域〕(時事通信)
「日本で働く韓国人ホステスの方が金使う」韓国人ホストクラブ摘発(産経新聞)
[PR]
by rpv9om4r93 | 2010-04-22 12:04

「メディカル・ハイネット」に破産手続き開始決定(医療介護CBニュース)

 医療関連コンサルティング業や医療モール運営の「メディカル・ハイネット」(東京都千代田区、小磯一義代表)が、東京地裁から自己破産手続きの開始決定を受けていたことが4月15日までに分かった。帝国データバンクによると、負債総額は約23億円で、このうちおよそ3億円は金融債務の見込み。破産管財人の弁護士によると、一部の事業については今後、売却する方向で調整を進めているという。

 帝国データによると、「メディカル・ハイネット」は2002年3月の設立。医師をメーンとした医療従事者の人材紹介や医療関連コンサルティング業などを展開し、近年は医療モール事業への参入に加え、医療機関向けのメディカルスキンケア事業にも力を入れていた。昨年2月期には約14億5900万円の年収入高を上げたが、相次ぐ開業に伴う先行投資負担などにより、3期連続で赤字決算が続いた。今年3月には創業者の前社長が健康上の問題などを理由に代表を辞任。4月1日付で事後処理を弁護士に一任し、破産申請の方針を固めたことを債権者に通知していたという。


【関連記事】
医療モール運営、東京の会社が自己破産へ
医療機関の倒産、過去最悪の45件−昨年度
病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ
東京・青梅市の医療法人、破産手続き開始決定―東京地裁
医療法人社団文寿会に保全管理命令―東京地裁

被用者保険認めれば9000億減=新高齢者医療で財政試算−厚労省(時事通信)
<プラダジャパン>元部長が解雇無効の確認など求める(毎日新聞)
中国艦隊通過、問題視せず=平野官房長官(時事通信)
【イタすぎるセレブ達】 レオナルド・ディカプリオ ルックスよりも演技力だ! イケメン俳優はつらいよ。
西濃運輸のトラック24台、車検切れで運行(読売新聞)
[PR]
by rpv9om4r93 | 2010-04-20 04:43

小5重体、中学生ら6人重軽傷 青森で衝突事故(産経新聞)

 11日午後2時20分ごろ、青森県平内町中野の国道4号で、同町清水川の地方公務員、船橋裕紀さん(30)の乗用車と、対向車線を走行してきた同町茂浦の主婦、須藤ひとみさん(39)の軽乗用車が正面衝突した。

 青森署によると、須藤さんの車の後部座席に座っていた次男の小学5年、蓮登君(10)が頭を打ち意識不明の重体になった。また、須藤さんと助手席の中学3年の長男(14)が顔や足の骨を折る重傷。また船橋さんと妻(31)、長女(5)、次男(1)の4人が打撲や切り傷など軽傷を負った。

 現場は片側1車線の緩やかなカーブ。同署は現場の状況から船橋さんがセンターラインをはみだした可能性があるとみて、事故原因を調べている。

 須藤さんは買い物に行く途中で、船橋さんは食事から帰宅する途中だった。

【関連記事】
自転車でひったくり、直後に衝突事故 10代少年と少女を逮捕
鶴見緑地線トラブル、衝突事故のおそれも
名古屋3人死亡事故で実況見分 愛知県警
列車と衝突 覚せい剤反応の男を逮捕 北海道
十和田市長が衝突事故 同乗の妻がけが
「中国内陸部の資源事情とは…?」

JR不採用 国労、解決案受け入れへ 12日に正式合意(産経新聞)
3人に1人、うつ傾向=加害者家族「事件話せない」−初の実態調査、仙台のNPO(時事通信)
ドラッグアンドドロップで楽々画像をコンバートできる『Photo Magician』
<山崎直子宇宙飛行士>物資搬入を再開 野口飛行士と作業(毎日新聞)
中古部品で自動車修理 新品の修理と遜色なし(産経新聞)
[PR]
by rpv9om4r93 | 2010-04-13 11:16

平沼氏 月内にも新党結成へ 保守勢力の結集を目指す(産経新聞)

 郵政民営化に反対して自民党を離党し、無所属を続けていた平沼赳夫元経済産業相(衆院岡山3区)は2日、月内にも新党を結成する意向を固めた。政党助成法で定められている現職国会議員5人という政党要件について、都内で記者団に対し「条件を満たす状況になっている」と述べた。参加議員の見通しがついたとみられる。

 「新たな保守勢力の結集」を掲げ、夏の参院選に複数の新人候補を擁立する方針だ。保守層に支持を広げ、民主党、自民党の二大政党とは別の「第3極」を目指す。新党には、衆院会派「国益と国民の生活を守る会」(平沼グループ)所属の衆院議員のほか、自民党から複数の参院議員の参加が取りざたされている。

【関連記事】
4月新党ラッシュの予感! 公選法の「保護」規定で どうなる平沼グループ、鳩山邦夫氏…
自民党苦悩の現場 「邦夫の乱」は沈静も…
【週末に想う】散る桜 残る桜も 散る桜 小林静雄
離党表明の邦夫氏、与謝野氏と意見交換 平沼氏との連携にも意欲
平沼グループと山本有二氏の「のぞみ」が25日に勉強会
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

ピンハネ、トラブル…急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”(産経新聞)
免許証で意思表示=裏面に臓器提供の欄−警察庁(時事通信)
参院選みんなの党から出馬せず 北口・明石市長(産経新聞)
首相動静(3月30日)(時事通信)
米NPRを歓迎 岡田外相、日本の安全保障「影響ない」(産経新聞)
[PR]
by rpv9om4r93 | 2010-04-08 13:32

大麻所持容疑で教頭逮捕 49歳エリート教頭なぜ(産経新聞)

 ■几帳面な一面…ストレスに?

 大麻取締法違反(所持)容疑で、大阪府立福井高校教頭、小島靖司容疑者(49)が逮捕された事件。薬物汚染が学校管理職にも及んでいた衝撃の事実に、関係者から一斉に驚きの声が上がった。府教委や元同僚らによると、小島容疑者は熱心な勤務態度で知られ、昇進の早いエリートコースを歩む一方、几帳面(きちょうめん)な一面も持っていたという。

 府教委によると、小島容疑者は大阪市大卒。昭和59年4月に採用され、島本高校(島本町)や茨木高校(茨木市)、住之江高校(大阪市住之江区)で社会科教師を務めた。

 平成14年9月からは府教委児童生徒課に勤務し、小中高生の進路指導を担当。17年4月に高等学校課教育振興グループに配置された際は、学校運営のサポートなどを担当した。福井高校には19年4月から教頭として赴任。当時46歳で、関係者によると、府教委でも早い昇進で「エリートコース」だったという。

 府教委幹部の一人は「まじめで、悪い評判は聞いたことがない。学校訪問なども熱心にやっていた」と驚いた様子。別の幹部も「教育委員会にとってただ事ではない出来事。指導する立場の人間が大麻を使っていたなんて」とうなだれた。

 一方、一緒に働いたことがあるという元同僚は逮捕の一報に「要領をかますというか、口がうまいタイプ。上昇志向が強く、偉くなりたいという思いが強いという印象をもっていたが…」と言葉を詰まらせた。

 今年2月に小島容疑者と会ったという府内の高校教師は「彼は細かいことを気にする几帳面な人という印象があった。それがかえってストレスになっていたのでは」と話した。

 ◆橋下知事「残念」

 逮捕を聞いた橋下徹知事はショックを受けた様子で「非常に残念。1人の軽率な行為で府教委全体の信頼を揺るがすことになった。申し訳ない」と神妙な面持ちで謝罪した。

 

フィルム紛失3千万円賠償、財団法人が写真家に(読売新聞)
文楽列車 奈良へ 平城遷都記念(毎日新聞)
<架空増資>トランスデジタル元副社長ら追起訴(毎日新聞)
スーツケース遺体事件で男出頭=関与ほのめかす−石川県警(時事通信)
京浜東北線に男が立ち入り逃走(産経新聞)
[PR]
by rpv9om4r93 | 2010-04-05 11:57